モーツァルト アイネ クライネ ナハト ムジーク。 チャイコフスキー:弦楽セレナード、モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク 小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ : チャイコフスキー(1840

チャイコフスキー:弦楽セレナード、モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク 小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ : チャイコフスキー(1840

ここではモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の解説と名盤を紹介したいと思います。 のが在籍時に存在したコーナー「 前略、三沢興一です」(ナレーション:)で、第1楽章のバージョンがコーナーのとして流されていた。 第3楽章 とトリオ: ト長調(トリオは)、4分の3拍子、複合三部形式。 原作:『アイネクライネナハトムジーク』()• 中間部では少し不安で緊張感のある音楽に変化します。 アイネクライネナハトムジークの意味、「小さな夜の曲」「小夜曲」のことだと調べて分かりました。 協力:スピードスターレコーズ• ドイツ語で『アイネ eine』は冠詞で〝ひとつの〟、『クライネ kleine』は〝小さな〟、『ナハトムク 』は英語で〝ナイトミュージック〟ですから、〝楽〟という意味です。 『』 - の番組。

Next

モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」って、誰のため...

音楽の本質をしっかりと捉えた瑞々しい演奏が繰り広げられており、ベームのモーツァルト指揮者としての真価を知るには格好の一枚といえるでしょう。 佐藤:• 合唱(女声3部)• 『』 - にコナミ(現・)から発売された横スクロール。 演奏 [ ] 、あるいはにを加えたで演奏される。 では、米津玄師さんの曲はどういう由来でしょうか。 すべて• 単行本はから上下巻が発売された。 バンドスコア• 配給:• 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は5楽章の作品ですが、第2楽章が見つかっておらず4楽章で現在は構成されています。 ゲーム開始BGMとして第1楽章の冒頭部分が使用されている。

Next

【中古:盤質A】 アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク、序曲集 ワルター&コロンビア交響楽団(紙ジャケット) : モーツァルト(1756

だから、「音楽が好き!」っていう意味だよと指導されたのは私は間違いではないし、むしろ正しいと思います。 まぁ、この曲で簡単に入手出来るこの演奏さえ聴いておれば「間違い無し」? 広く知られるようになったのは19世紀後半だと思われます。 その他• 合唱(その他)• 発売の入浴剤「バスロマン」の度CMの前半部分にて第1楽章を使用。 ドクメンタ• 13管楽器のためのセレナード第10番「グラン・パルティータ」のみSP盤(HMV DB6707-11)より復刻。 ここではモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の解説と名盤を紹介したいと思います。 モーツァルトの死後に発見 モーツァルトの曲の多くは生前から多大な人気を誇っていますが、この曲はそうではありません。 その中でベームの指揮とウィーン・フィルの演奏が相乗効果を生み出し、心の躍るような楽しい演奏を聴かせてくれます。

Next

モーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」の(第一楽...

本間紗季:• 525-1』 - のミニアルバム『四季ORiORi』に収録されている楽曲。 また新全集では、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、各2、チェロ1、1の8人で演奏することも勧められています。 このタイトルは、モーツァルト自身が自作の目録に書き付けたものでした。 全てウィーンフィルによるEMIスタジオ録音。 オールロケで撮影される。 すべて• 登場作品:「ライトヘビー」・「ナハトムジーク」 書籍情報 [ ]• ドラム• アカペラ• Highly recomme. 一真、由美とは大学時代の同級生。 ご参考までに、新モーツァルト全集オンラインについて、解説およびリンクを掲載している国際モーツァルト財団のページを紹介しておきます。

Next

モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」って、誰のため...

同楽団は、バッハの宗教曲やモーツァルトの交響曲の演奏をオリジナル楽器でおこなっていることでも有名です。 無いものねだりながら、ベームには、せめてポストホルンと同時期に録音をしてもらいたいというのが正直なところである。 第2楽章は親しみがあり、そして優しさに溢れた音楽で満ち溢れています。 合唱/ボーカル• ギタースコア• 制作担当:斉藤大和• おそらく誰もが聴いたことのある曲だと思います。 適当な性格で、独特な考えを持っている。 モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の解説とオススメ名盤 また第2楽章には、フランスの古典舞曲であるガヴォット(gavotte)のリズムが取り入れられているとも言われています。 余りにも数多くのテレビ・CMなどのメディアで取り上げられている為、数えるときりがありません。

Next

チャイコフスキー:弦楽セレナード、モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク 小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ : チャイコフスキー(1840

中間部では対照的に柔らかな流れる音楽に変わります。 タイムについては盤により多少異なる場合があります。 ナハトムジーク 主な登場人物 [ ] 佐藤(さとう) 27歳でマーケットリサーチの会社で働いている。 ホルンソロ• また第2楽章には、フランスの古典舞曲であるガヴォット(gavotte)のリズムが取り入れられているとも言われています。 しかしながら現在の研究では『音楽の冗談』は1785年には着手され、1787年8月後半に完成されたと考えられている。

Next

「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク 第1~第4楽章 / モーツァルト」の楽譜一覧

その中でベームの指揮とウィーン・フィルの演奏が相乗効果を生み出し、心の躍るような楽しい演奏を聴かせてくれます。 また「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は「セレナード第13番」と呼ばれることもあります。 の〝おもて歌〟には、内容の円熟度、充実度ても、〝アイネ・クライネ〟の方がふさわしいでしょう。 第1楽章有名な出だし・・・かのトスカニーニが絹のハンカチーフがふわふわ地上へ舞い降りる如く云々といった処・・・はそのテンポの速さに面食らいを味わう人がいるかもしれません・・・かく言う私もそうで何か逆に演奏側が不用意にスタートしたのではと錯覚した位でそうこうして7分弱・・・他の演奏より明らかに短いのです・・・が終わるのですがその経過たるや大変思惟に詰まった感じで単純にテンポ云々で片付けられない気が今でもしております。 脚本:• 曲名はの曲からとられたのだろうと、歌詞を調べてみても、そんな感じはありません。 合唱(混声3部)• ギターアンサンブル• ウクレレ• ベームが80歳代を過ぎたころの晩年の録音です。 清冽な活気と優美な楽想を湛えた、弦楽四重奏曲を思わせる簡潔なまとまりを見せる、珠玉の名作として人気の高いモーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』。

Next