藤本タツキ なんj。 【藤本タツキ】チェンソーマン75【ワッチョイ】

【藤本タツキ】チェンソーマン75【ワッチョイ】

トガタにとってアグニはあくまで映画の中の主役であるのでこのようなセリフになるんじゃないのかなぁ、と。 でも、楽しそうに生きてる。 ユダは国王の声が聞こえると演技し、トガタはひょうきんな女を演技し、また、アグニ信者達は人肉とわかった上で「アグニ様の目を食べると目が良くなる」など嘘をついて食べます。 主人公の背景、絶望感ありすぎるでしょ。 5ch. アフタヌーン四季賞作品っぽいところがありつつ、藤本タツキさんらしい気持ち悪いところもあったので、私もそこそこは楽しんだものの万人にウケるとは思いませんでしたが、かなりネットで話題になっていました。

Next

チェンソーマンの藤本タツキ先生、やはり女作者かwwww : ジャンプ速報

「人はなりたいようになってしまう」ですよね。 21 ID:nKXxboWa0. そっか... 現在、雑誌の少年ジャンプで『チェーンソーマン』を連載している藤本タツキさんが、少年ジャンプ+というジャンプのネット媒体で読切作品を掲載していました。 藤本タツキさんの気持ち悪さ ちなみに、『姉の妹』を読んで沙村広明さんっぽいと思った人が多いようですが、実際、藤本タツキさんは沙村広明さんを真似していると公言しているので、さもありなんです。 自分の作品は「世間受けしないぞ」と意識しているが、それが逆に受けているのかもしれないとしている。 extend:on:vvvvv:1000:512 週刊少年ジャンプ1号から連載開始 ・スレを立てる時は1行目に 「! たしかに毎週毎週あんな話が続いていたら読者は離れていきそうですね笑 全巻一気読みした私はこの漫画は素晴らしいと感じました。

Next

私が、藤本タツキ『妹の姉』をそこそこ楽しめたのは少年ジャンプ+で『ファイアパンチ』を読んでいたのはありそう

ここまでの拒絶反応を示される作品をどうして自分は楽しめたのか。 だから私は『妹の姉』をそこそこ楽しめた そんなわけで、私は『妹の姉』をそこそこ楽しめたんじゃないかなと思っています。 ちなみにちなみに、少年ジャンプ+では、西義之さんの『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』の続編も掲載されています。 いや!生きる糧ないんだけど!?どうすんねん!?状態。 それはやがて常識になる。 (中略) 『弟の兄』を描けなかったこと、 これを男ではなく女で描いたこと、の意味を今一度考えてもらいたい。 extend:on:vvvvv:1000:512 週刊少年ジャンプ2019年1号から連載開始 ・公式発売日0時以前の作品内容や掲載順その他情報はネタバレスレへ。

Next

【藤本タツキ】チェンソーマン75【ワッチョイ】

他にもルナと一緒に写っている写真でアグニは苦笑いをしていました。 いきなり臓器売買からスタートです。 なので、2019年1月号から、少年ジャンプ本誌でチェーンソーマンが始まった当初は、「少年誌掲載ということもあってかファイアパンチよりパンチが効いていないな」「ファイアパンチみたいに途中でだらけてよく分からない終わり方を迎えないといいけど」と思いながら、そこそこ楽しく読み始めました。 「画力」「演出力」「構成力」「共感性」「取材力」「萌え」という視点でいうと説明しづらいんだけど(2作品めにして既に) 「演出力」「萌え」がめちゃくちゃ突出している感じ。 美大を目指していたが、地元には美大の予備校が無かったので、高齢者が通う絵画教室の隅でを書いていた。

Next

私が、藤本タツキ『妹の姉』をそこそこ楽しめたのは少年ジャンプ+で『ファイアパンチ』を読んでいたのはありそう

注:ここから先は自分の感覚の言語化です。 つまり本当に芋を食べたことになっていたんです。 にも関わらずめちゃくちゃ斬新。 13に掲載される。 26 ID:jDMq18E80. でも青年誌だったら普通かというとそうでもなく。 だから、『妹の姉』も、紙媒体のジャンプ系列誌ではなく、あえてネットの少年ジャンプ+で掲載された作品ということで読み始めました。

Next

「藤本タツキ」のスレッド検索

86 ID:apphJilna. 作品単体としての面白さはあるけど、前提として、「少年ジャンプ+掲載作品だからな」「『ファイアパンチ』と『チェーンソーマン』の藤本タツキだからな」と思って読み始めているから、多少のおかしな表現は許容できていた。 人間でありながら、やむを得ず、異形(敵)の力の一部を手にしてしまった主人公というのも、ありがちとも言える。 それまでアグニの「生きる糧」は妹のルナでした。 次のコマは『ファイアパンチ』の1話から。 「FIRE PUNCH」の作者さんだと聞いて納得。 休み時間に自分の手をノートに描きまくっていた、気持ち悪い高校生だったんですけど 笑。 こういう批判があるのは理解できるところがあります。

Next

私が、藤本タツキ『妹の姉』をそこそこ楽しめたのは少年ジャンプ+で『ファイアパンチ』を読んでいたのはありそう

お腹は空いてるけど母親に心配をかけたくないがあまりに「芋を食べたから大丈夫」と。 『青のフラッグ』はLGBTを扱いつつ、繊細な人々の感情の変化を丁寧に扱っているため、メジャーっぽくはない。 『ジャンプSQ』に作品を投稿したのもそれが理由だったという。 95 ID:ir2eH7Qt0. 5ch. 僕が沙村先生になるには何を目指したらいいですか? 沙村: 笑。 ゾーニングという観点では、少年ジャンプ+で掲載されているという時点で区分がされているけれど、本来届かない層にまで届くとネガティブな反応が増えるというのは、昔からずっと言われ続けていることですね。 高校1年か2年のころから「」にをアップしていた。

Next