アルプス 安曇野 センチュリー ライド。 緑のアルプスあづみのセンチュリーライド

〔ニュース〕「アルプスあづみのセンチュリーライド2020」の開催日が決定。

今日のAACRでは、私設エイド状態になって賑わってます。 僕にとっては自転車イベントそのものが初めてだったから当然エイドも初めての経験だ。 ・仮装での参加はご遠慮ください。 と、そっか、チャリダー取材班だ。 日焼け対策と思い、安物長袖タイプのアンダーウェアを着込んでおりましたが正解でありましたな。 去年は寄る余裕が無かったので、成長を感じました。 2回目からは、もう少しのんびり楽しめるかも知れない。

Next

快晴の中、絶景コースを快走「緑のアルプスあづみのセンチュリーライド2017」

100㌔の距離を走るのに私の場合4Kキロcalほどが必要なので、このままだとコース折返しの頃にはハンガーノックであります。 スタートを第3グループにしたのは大正解だった。 お申込みの際は、必ず大会HP<大会規則>をご一読の上、エントリーページへお進みください。 きれいだった。 途中で160キロコースに参加中であるという栃木の方とタンデムとなり、向かい風もきつかったことから少しだけご一緒しましたな。

Next

快晴の中、絶景コースを快走「緑のアルプスあづみのセンチュリーライド2017」

チャリダーが出たあとに出発しようかとも思ったが、撮影はいろいろ大変で時間がかかったりする。 湖をバックに走る参加者。 このベンチがマンガ第3巻の表紙の場所ですね。 大会当日スタート/フィニッシュ会場 大会と参加クラスによってスタート/フィニッシュ会場が変わります。 信州に来るたびに、若かりし頃、将来に対する漠然とした不安と希望を抱えつつ白馬に住んでいた頃のなんだか甘酸っぱい記憶を辿りながら、昔働いていた、みそらの、エコーランド、五竜とおみの街並みや山々を眺めて50歳を過ぎてからこのように自転車に乗りに毎年か様になっていることをなんだか不思議な気分で見つめている自分がいます。

Next

桜のあづみのセンチュリーライド2017参加レポ(1)桜と雪山のコラボが最高のサイクルイベント!

受付で完走証とタイ焼きを受け取りましょう。 2.私は、主催者が設けたすべての規約、規則を理解したうえで、それに従い、大会及び付帯行事で発生した事故に対し、自己の責任において処理し、主催者・管理者並びに選手・関係者を非難したり責任を問わない事を誓います。 またもや脱線いたしますが、ライド時の水分補給。 また、ご一緒頂きました皆様、有り難うございました。 」(紗希さん) 「大丈夫だ、亜美。 ひとりひとりバイクも、ウェアも、ポジションも、体力もみんなすべてが違う。

Next

AACRスタッフと行く「秋のアルプスあづみのセンチュリーライドツアー」(長野県 松本市 松本城 (スタート・ゴール))

豚汁は残念でありました。 さすが長野、桜のピークは東京よりかなり遅いです。 6.私は、本大会の特性や危険性を十分に理解し、主催者側の安全管理・救護体制に限界があることを認識したうえで、自己の責任において安全・体調・装備の管理を行って参加します。 北アルプス山麓・安曇野の自然と景観を、思い思いのペースで楽しみながら走るサイクリングイベントです。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。

Next

緑のアルプスあづみのセンチュリーライド_2017

そしてそれを見透かしたかのような、 こだわり豆腐の冷奴&行者ニンニクトッピングの攻撃! 息も絶え絶えなことを周囲に悟られないために、また個人的テーマ完遂のためにも、正直イヤイヤながら口に運びます。 しかしそこは転んでもタダでは起きないと心に誓うワタクシであります。 あるある…というかまんまなので結構感動する。 156. 今回は自走で移動しましたが、ちょっと面倒でしたね。 いやはや・・・;; ようやく残すところ10キロほどへ迫り、最終の安曇野エイドへヘタリ込みました。

Next

快晴の中、絶景コースを快走「緑のアルプスあづみのセンチュリーライド2017」

この駅とホームについて、知っている人は知っています。 穂高エイドではジャム塗り放題の米粉パン、大町エイドでは伝説のネギ味噌おにぎりが目玉。 往路は木崎湖までは山麓部のアップダウンを走り抜けます。 千葉から80kmクラスに参加した河瀬まり子さんは、上りと暑さに苦戦したと話しながらも、無事に完走証を手にしてニッコリ。 一昨日から、すっかり毎年恒例の行事として定着した感のある自転車イベント、アルプス安曇野センチュリーライドで160kmのファンライドを楽しみに今年も信州に来ています。 寒いことは寒いが、日差しもあるので凍えるほどではないし、走り出せば体温も上がる。 どうも、ご愛読、ありがとうございます~。

Next