ショアジギング リール 番手。 ライトショアジギングリールの選び方!おすすめリールを厳選してご紹介!

ショアジギングリールおすすめランキング20!シマノやダイワ、安いのも紹介!

沖合で魚がヒットした場合、単にロッドを立ててアワセを入れただけではバラシに繋がることも多い。 この時、巻き取りの遅いローギア パワーギア と呼ばれるリールだと釣りがかったるい。 これはステラSWの上を行ってしまったかもしれません 笑 番手の表記もシマノ同じ感じとなりましたね。 おすすめのショアジギングリール 出典: ここでは元釣具屋のTSURI HACKライターが、おすすめのショアジギングリールをピックアップしました。 仕組みは違いますが、一概に何方の方式が優れてるとは言えません。 標準巻糸量 PE 号-m :1. PG パワーギア• 少し古い製品なのが気になりますが、コスパはいいです。

Next

ショアジギングリールの選び方と、おすすめ10選!青物と戦うための道具を確実に用意しよう!

スフェロス非常にリーズナブルなリールであるが、金属製のハガネボディにパワーバンドルも標準装備し大物とのファイトも安心だ。 ナブラはチャンスタイムですが、チャンスは一瞬ですぐ沈んでしまうなんてことも・・。 使用できる釣法:ショアジギング• ハマチやメジロクラスならLTでも問題ありませんが、どんな大物がかかるかわからないのが海の面白さ。 リールの機種によっては普通のハイギアとエクストラハイギアの2種類がラインナップされている場合もあるが、ここは好みかなぁ。 この2つを比べた場合に巻き続けられるのはダイワのほうです。 パワーはもちろんですが、ローターに「ZAIONエアローター」が搭載されていて、巻き始めがとても軽いこともこのリールを使ってみて感じた大きなメリットです。 もちろん飛距離はリールだけではなくロッドやルアー・ラインといったタックルのトータルで決まります。

Next

ライトショアジギングリールおすすめ6選!初心者向け高コスパリールを紹介します

まずはノーマルの状態で使ってみて、手が滑りやすかったり力を入れにくいのであれば 小型のラウンドノブに交換するのがおすすめ。 5号 200~300m程度 のようになります。 ちなみにぼくはシマノのスフェロスを主に愛用中です。 安い!高い!という他人の意見は無視し、自分の考えの元、買うリールの値段を決めればオッケーです。 これを1つの目安にしてリールを選ぶと、 実釣に必要な性能・耐久性を持っていて快適な釣りが出来る。 16セルテートのスペック 19セルテート 前述した16セルテートから3年を経てモデルチェンジしたのが19セルテート。 ぜひ、ライトショアジギングを楽しんで下さい。

Next

どの番手を選ぶべき?ショアジギング用大型リールの違いについて解説

また、アタリが有った時などに素早くテンションをしっかり掛けてフッキングをしたり、魚を寄せるのも得意なのはハイギアのメリットだ。 ロックフィッシュ釣りをこれから始めようと考えている人... そのため、偏光サングラスを掛けておき、万が一に備えることが必要です。 このリールでの最大の釣果は72センチのメジロを釣り上げましたが、まだまだ余裕がありました。 ちなみにショアジギング専用設計というスピニングリールは聞いたことがありません。 現在、19ステラSWのラインナップは8000番以上のモデルだけです。

Next

STEP5 ショアから青物!おすすめショアジギング用リール(価格別・魚種別・初心者向け)

1・剛性の高いリール• ・金属ボディ アルミやマグネシウムで作られた最強の強度を誇るボディで、メタルボディとも呼ばれる。 というのも、外洋に面し、水深があり潮の流れが速い地磯の場合、HITしたと同時にゴリ巻きで魚を寄せてこないことには、 根に潜られラインブレイクする可能性が極端に高くなってしまいます。 具体的には、 ダイワだと、「LT5000」「LT6000」 シマノだと、「C5000」「5000」「6000」 が、ショアジギングリールに適した番手です。 ・カーボンハーフボディ 耐久性と軽さを両立した複合ボディ。 ライトショアジギング寄りの釣りを楽しむのであればまだしも、ブリやヒラマサなどの大型青物を狙うときは、ドラグや剛性面が釣果に直結することもあるため、本格的にショアジギングを楽しむのであれば、値段の高いリール、つまり高性能なリールを使い、ショアジギングを楽しむほうが良い・・・というのが結論です。

Next

ショアジギングリールの選び方と、おすすめ10選!青物と戦うための道具を確実に用意しよう!

ハマチやブリ、ヒラマサなどの青物からキジハタ、アカハ... 釣り方としては基本、投げて底まで落として、1回しゃくってその時に1回ハンドルを回すワンピッチジャークというのが基本と言われています。 こういう時、剛性の低いリールだとボディがグニャっとなったり、負荷が掛かった時にリールの巻き心地が悪くなりやすい。 見た目も非常にカッコよく、良いお値段ですが非常にハイスペックなリールです。 キャスティングゲームを考えている方は、シマノのグラップラー300HGもラインキャパが多くてオススメです。 独自の防水機構であるマグシールドも搭載され、同価格帯では耐久性も抜群。

Next

ショアジギングタックル、ロッド・リールの選び方|テルヤスの釣り情報

ダイワは防水技術に 「マグシールド」と呼ばれるオイルの壁で海水を寄せ付けない独自製法を使っています。 8000-HはPE4号を300m巻くことが出来るので、磯からの大型ヒラマサ狙いのショアジギングやトップの釣りには最適な番手。 重さは435g PE3号を300m巻くことが出来て、ハンド1回転は102cm ツインパワーSW6000HGと同スペックですね。 2019年に大幅リニューアルされ、 巻き上げを軽快にしパワーアップもはかる「インフィニティドライブ」を新搭載! GT・マグロなど超大物も相手にできるよう、 14000番以上のみ「ヒートシンクドラグ」を採用。 シーバスタックルで青物は無理があると身をもって体感しましたね。

Next

ショアジギングリールおすすめ8選!初心者向けの扱いやすくて安いものを紹介します

ジギングリールのおすすめ機種や選び方について特集しましたが、いかがでしたか? ダイワ・シマノから魅力的なリールが数多くリリースされています。 力が入るハンドルを使おう! ライトショアジギングの快適性を意外と大きく左右するのが、「リールのハンドル」になる。 大きければ大きいほど安心感が増しますが、使うロッドとの相性もあるため、ロッドとリールのバランスを考慮し、使うリール番手をセレクトしていくのが一番です。 風向きに助けられると100m以上は余裕で飛ぶし、下手すりゃ150mぐらいぶっ飛びます。 ダイワの最強リール「ソルティガ」。

Next