大阪 選挙 区 情勢。 【参院選2019】参院選、近畿地方の中盤情勢は… 「大阪」立民・美人弁護士候補が苦戦 「滋賀」進次郎氏応援入りで自民復調 (1/2ページ)

参院選 大阪選挙区の公示前情勢分析=JX通信社 大阪府内情勢調査(米重克洋)

排除、無視、シカトすることなく、• 民進党の新代表が蓮舫氏に決まりました。 自民党は引き続き大勝を狙いたい選挙区になる。 大阪12区と沖縄3区の現在の情勢について、 ぽぽんぷぐにゃんが話しています。 大阪19区 貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、泉南郡が選挙区。 前回衆院選では自民党が15選挙区中12勝、さらに負けた3人も比例復活と全員当選。 古くは法務大臣を歴任した左藤恵氏の地盤であり、現在は自民党の左藤章氏に受け継がれている。

Next

第48回衆院選 大阪選挙区情勢予想

梅村 みずほ 40 維新・新• 北海道1区:民主、北海道2区:自民、北海道3区:民主、北海道4区:自民、北海道5区:自民、北海道6区:民主、北海道7区:自民、北海道8区:無所属、北海道9区:自民、北海道10区:公明 次期衆院選の比例代表の議席予想です。 前原氏、山井氏という民主党の二人が意地を見せた。 「今さら電話調査なんかしても年寄りが答えるだけで信頼できない」と言う人もいるけど、ま、これは統計学の基礎である。 共産初の議席獲得を狙う浅野は、共産支持層の8割弱を固めた。 肩書き:話し方教室経営• 共同通信(日経新聞7月6日朝刊、東京新聞7月6日朝刊) (Web・日経新聞) (Web・東京新聞) 日本維新の会は比例で微増を見込む。

Next

【大阪12区補選の情勢】自民幹部「維新に多少のリードを許している」

そして、音喜多氏が当選するかどうかは東京選挙区の情勢が書かれて無くても判断出来る。 馬場氏は幹事長として着実に足場を固めており、維新の勢いも相まって今回も着実に勝利すると予想。 前回は公明党の伊佐進一氏が共産党の候補に対してほぼダブルスコアで大勝。 この選挙区も無党派層が多く、小選挙区制導入以降、連続で勝利した候補者は一人もいないという稀有な選挙区である。 これをみてると後半は野党側が伸びるとみれますね。 養子縁組や里親制度を利用しやすくします。

Next

【大阪12区補選の情勢】自民幹部「維新に多少のリードを許している」

党派別には、大阪維新の会1人、自民党1人、共産党1人、となっています。 名前:亀石 倫子(かめいし みちこ)• 今回は再びこの二人の対決になるが、今回は立憲民主党が松井博史氏を擁立し、共産党も新居真氏を擁立する。 wikiより 足立美生代(あだちみきよ ) オリーブの木• それではどちらが有利なのか。 肩書き:党常幹委員• 第48回衆院選の候補者リストをまとめました。 当初は旧民主党系候補が3人も乱立して共倒れと言われていたが、現実は塩村氏と山岸氏が共に堅調である。

Next

参院選 東京・大阪選挙区の終盤情勢=JX通信社情勢調査(米重克洋)

前回衆院選でも全選挙区で保守寄りの政治家が当選しており、野党側は厳しい選挙戦になりそうだ。 なお、3割台後半の有権者が態度を決めていないか明らかにしておらず、情勢はなお流動的だ。 国会議員が所属していない党派は届け出順。 熊本は保守王国であり自民党の力が強いが、大分は社民党の勢力が強い地域であり野党も健闘。 当記事では次期衆院選における北陸甲信越ブロック候補者をまとめます。 北区長選も参院選も当選できた選挙である。

Next

2019年参院選・序盤情勢。東京選挙区の各マスコミ情勢予想まとめ

当記事では次期衆院選における東北ブロックの候補者をまとめます。 水野素子氏(国民民主党)、朝倉玲子氏(社民党)らは支持が広がっていない。 当記事では次期衆院選における東京ブロック候補者をまとめます。 だが日本のマスコミの選挙情勢予想は極めて正確である。 選挙分析に定評のある政治評論家の有馬晴海氏に、激戦の東日本8選挙区、西日本8選挙区の最終情勢を聞いた。 だから兵庫の予想が他紙に比べても甘い。 選挙区情勢をスルーしている読売新聞を除くと、4紙中3紙が東京選挙区で音喜多氏落選を予想している。

Next

参議院選挙2019大阪の立候補者一覧と公約!情勢は維新と自民公明どっちが優勢?│地球の裏側からご近所まで

職歴:労働者党大阪北支部長、元設計会社社員 マルクス主義労働者同盟、「労働者階級の解放のために闘う」という意思のもと国政へ挑戦。 前回衆院選では自民党が6勝、民進党が2勝。 公約は以下に 選択的夫婦別姓の導入名字くらい好きに選べるように。 以上、5大マスコミの参院選の序盤情勢を新聞買って読んでみた。 職歴:元大阪府知事 15,16代 、 元通商産業省大臣官房審議官 元大阪府知事や岡山県副知事などを歴任、国政参加後は厚生労働大臣政務官などを務める。 自公与党で改選過半数の勢い-と伝えるメディアもあるが、与野党はまだ多くの選挙区で競り合っており、結果は投票箱のふたが閉まるまで予断を許さない。 自営業者層と農林漁業者層の支持が比較的厚い。

Next