フロイド リーチ pixiv。 #1 フロイド・リーチの献身

Twoucan

再生回数:937 コメント:7 マイリス:25• 一番穏やかなこの状態で。 「や、えと、えーっと、とにかくフロイド先輩以外とイチャイチャしない!」 「当然。 いや、実際に懐いているから真似ではないか。 まあアズールも損得感情で動いているので欲望に忠実と言えるが、得をするために嫌なことをするときもある。 [newpage] あとがき 好きすぎてクリアしてないエピソードあるのに書いてしまいました。 わかったんだゾ」 しぶしぶ頷いたグリムを抱き抱える。 首筋に鋭い牙の気配を感じる。

Next

【ツイステ】リーチ兄弟厚塗り風に描いてみた【speedpaint】 ツイステッドワンダーランド ニコニコ動画のニコッター

「考えもしなかった」 「はぁ。 いつものパターンだ。 そもそも欲望というのはニンゲン臭いものだ。 フロイドの気分はフロイド次第。 絞めるのは、後で。 「フロイド、なぜ監督生さんの荷物を持ってあげなかったんです?」 「へ?」 「洗剤なんて重いでしょう。

Next

#フロイド・リーチ #フロイド受け 俺が捕食者

」 「ふふ、私も。 散々に世話を焼かれておいて何だけど。 「フロイドは監督生さんが好きなんですか」 フロイドはひっくり返った。 「サバナクローのとこ行くって言うから、モストロおいでよって誘ったの」 「はぁ」 「そしたら、先にあっちを約束してたのでごめんなさいって」 「へぇ」 「嫌われたぁあ!」 「大変ですね」 この話の主語は「小エビちゃん」である。 さらに、番に餌を持ってくる生き物の話になれば、こうして私にお菓子を食べさせて。 彼の行動基準は全てやりたいかやりたくないかだ。

Next

ジェイフロ版1週間ドロライ(@Jeifuro_oneweek)のプロフィール

「あぁ、怖い声出しちゃった。 え、あ。 そして監督生が扉を開けようとしたときにその長い足で距離を詰めて、さっと開けたのだ。 そこが彼女の良いところであり悪いところでもある。 【タグ】 【開催日時】 お題告知:毎週土曜日23時 作品投稿時間:翌週土曜日22時〜22時59分 時刻告知は投稿時間の1時間前 21時 、投稿時間 22時 にさせて頂きます。 同時に「ジェイド ピックアップ召喚」を開催! このツイートに主として含まれるのは、【 ***】ではなく、以下の画像です。

Next

#フロイド・リーチ #フロイド受け 俺が捕食者

少し恥ずかしいけれど、それでも 女の子が憧れる、なんて可愛い姿か じわ、と目に薄く膜が張る。 最初は「陸の女の子」「異世界から来た人」「魔法が使えない魔法学生」などに惹かれていたように思う。 相手が監督生でないなら「は?」と巨体を屈めて顔を覗き込むか、無言で見下ろし続けていればよかった。 目の前の男の変化を、面白く思った。 フロイド・リーチの「不機嫌」あるいは「酷い憂鬱」状態は、本人にすらコントロール不可能なほどの病的なものだ。 ATTENTION ・主人公は男設定 ・物凄い捏造・ご都合設定・作者の自己満 ・監督生が攻めでフロイド君が受けなお話です。 ぼんっ!と爆発する音が響き辺りは真っ白、煙が器官に入り咳をする。

Next

ジェイドリーチ 関連動画

でもそれは、さっきまでみたいな冷たいものではなくて。 ……彼女に周囲をまとめる力がある事を示すため、あえて問題へ誘導して。 あぁ、ありがとうございます」 「ウンウンどーぞー」 どうしてかしら。 しかし私は気分を害することも無く編み物に集中を戻した。 』天王寺刻成のビジュアル初公開! 弟のことで、ジェイドにわからないことは何もない。

Next

ジェイフロ版1週間ドロライ(@Jeifuro_oneweek)のプロフィール

『僕のヒーローアカデミア』や『鬼滅の刃』、『ONE PIECE』など人気作品が勢ぞろい! クルーウェル先生が声をかけるとそれぞれグループを作り始めた。 ということをジェイドは学んでいた。 モデル(立体造形物) 立体造形物全般。 双子らしく、二人はフロイドの恋愛感情を同時に気付き、同時に理解した。 ジェイドは自分よりしっかりしていて、世話を焼かれることはあっても世話を焼くことはない。 しかしフロイドは大変ご機嫌だった。 のしかかってきている男をどけずにサクサクと手元の靴下を編む。

Next

ジェイフロ版1週間ドロライ(@Jeifuro_oneweek)のプロフィール

ま、楽でいい。 面倒でも、妹のためにやらなければならない。 聞いた話では、自分が入学するまでの不機嫌状態のフロイド先輩は不発弾そのものだったらしい。 「優秀ゆえに個々の個性と我儘が強すぎてまとまらない」と学園長は生徒を評するが、それは最低限身を守りあえるチーム、帰る相手がいてこその我儘なのだ。 やりたくない時は一切やらない。

Next