契り酒 歌詞。 契り酒 歌詞「香西かおり」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

Shinのうた日記 │ 演歌男子Shin(しん)の演歌・歌謡曲チャンネル公式ホームページ(ブログ)

今回もまぁまぁな長文になりましたが、最後までお付き合いください~! 歌詞から背景を考察します 逢えば情けが 深くなる 逢わなきゃ あなたは死んだ人 1番の歌詞です。 男性にとって帰る場所は主人公の女性の場所ではないのですね。 彼は彼女の家に通ってくれた。 最後に「契り酒」というタイトル。 それも酔った時だけだった。 a e ba nasa ke ga huka ku naru a wa nakya anata ha si n da hito u ki kusa de u ki kusa de ii zya nai bana no sa ka nai unmei demo i ki te i ki te i ki masyo nexe tigi ri sake na ke ba asita ga ho siku naru na ka nakya anata ha kayo i zin u ki gumo de u ki gumo de ii zya nai ituka waka reru unmei demo i ki te i ki te i ki masyo nexe tigi ri sake guti beni wo sa si tara tokimei te sa sa nakya anata ha wasu re zin u ki tuma de u ki tuma de ii zya nai hutari ku ra se nu unmei demo i ki te i ki te i ki masyo nexe tigi ri sake. 彼には家庭がある。

Next

契り酒 歌詞「香西かおり」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

こんな契りがあってもいいじゃない。 「契り酒」Shinの妄想話 ふたりの関係性はわかりましたが、男女の姿形が浮かぶ歌詞が少ないですね。 叶わぬ恋に泣いた夜もある。 調べてみましたが、そういう言葉はなく造語のようですね。 それでも、お酒を飲んで隣で眠る彼の横顔を見ているだけで私は幸せ。

Next

契り酒 歌詞「香西かおり」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

インパクトがあるのは「あなたは死んだ人」というところ。 彼の務める商社の会合で料亭を使ってくれたことがきっかけだった。 なのに「生きて行きましょ」という言葉。 なぜ結ばれないのでしょうね? 生きて生きて行きましょ ねぇ契り酒 ふたりには悲しい未来しかない。 ひとりお酒を注ぎながら、彼の空いたグラスの淵にコツンと鳴らす。

Next

契り酒 歌詞「鏡五郎」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

彼女のひとめ惚れだった。 それが今では……。 男性と一緒にお酒を飲んでいるシーンの描写がないんですよね。 そんな言葉から、女性は報われない恋でも、この状況に満足していることがわかりますね。 花 はなのいのちを この 手 てに 預 あずけ 憂 うき 世 よ 嵐 あらしに 耐 たえる 奴 やつ それが 惚 ほれたと いうことですと 尽 つくすおまえの 肩 かた 抱 だきよせて… 雨 あめの 屋台 やたいで 契 ちぎり 酒 ざけ すがりつきなよ 泣 なきたい 時 ときは 何 なにの 遠慮 えんりょが いるものか どこに 取得 とりえの ないこの 俺 おれと 越 こえた 苦労 くろうの 山坂 やまさかいくつ… 思 おもいださせる 契 ちぎり 酒 ざけ おまえひとりで 散 ちらせるものか 俺 おれと 来 くるんだ 花道 はなみちを 言 いってふり 向 むきゃ 眸 めをうるませて ほゝに 紅 べにさす 可愛 かわいい 女 おんな… 春 はるを 呼 よぶよな 契 ちぎり 酒 ざけ 花 hana のいのちを noinochiwo この kono 手 te に ni 預 azu け ke 憂 u き ki 世 yo 嵐 arashi に ni 耐 ta える eru 奴 yatsu それが sorega 惚 ho れたと retato いうことですと iukotodesuto 尽 tsu くすおまえの kusuomaeno 肩 kata 抱 da きよせて kiyosete… 雨 ame の no 屋台 yatai で de 契 chigi り ri 酒 zake すがりつきなよ sugaritsukinayo 泣 na きたい kitai 時 toki は ha 何 nani の no 遠慮 enryo が ga いるものか irumonoka どこに dokoni 取得 torie の no ないこの naikono 俺 ore と to 越 ko えた eta 苦労 kurou の no 山坂 yamasaka いくつ ikutsu… 思 omo いださせる idasaseru 契 chigi り ri 酒 zake おまえひとりで omaehitoride 散 chi らせるものか raserumonoka 俺 ore と to 来 ku るんだ runda 花道 hanamichi を wo 言 i ってふり ttefuri 向 mu きゃ kya 眸 me をうるませて wourumasete ほ hoゝ に ni 紅 beni さす sasu 可愛 kawai い i 女 onna… 春 haru を wo 呼 yo ぶよな buyona 契 chigi り ri 酒 zake. これからもこの人生を生きて行くわ…. 浮き雲のような彼に寄り添う"浮き妻"で私はいい。 いつか別れがくるその日まで、どうかこのままで…。 男性・37才 商社で働くサラリーマン 女性・34才 料亭の仲居さん 彼女が仲居として務める料亭で知り合った。

Next

香西かおり 契り酒

でも前向きって簡単な言葉ではないですよね。 感情を込めて歌う為には情景をしっかり思い浮かべたい! ということで今回も誇大な妄想になっております!笑 どうかご了承の上、お付き合いください。 女性が泣いてすがれば、男性が通って来てくれるということでしょうか。 泣けば明日 あした が 欲しくなる 泣かなきゃ あなたは通い人 2番の歌詞より 泣かなきゃ…という歌詞。 逢 あえば 情 なさけが 深 ふかくなる 逢 あわなきゃ あなたは 死 しんだ 人 ひと 浮 うき 草 ぐさで 浮 うき 草 ぐさで いいじゃない 花 はなの 咲 さかない 運命 さだめでも 生 いきて 生 いきて 行 ゆきましょ ねぇ 契 ちぎり 酒 ざけ 泣 なけば 明日 あしたが 欲 ほしくなる 泣 なかなきゃ あなたは 通 かよい 人 びと 浮 うき 雲 ぐもで 浮 うき 雲 ぐもで いいじゃない いつか 別 わかれる 運命 さだめでも 生 いきて 生 いきて 行 ゆきましょ ねぇ 契 ちぎり 酒 ざけ 口紅 べにを 差 さしたら ときめいて 差 ささなきゃ あなたは 忘 わすれ 人 びと 浮 うき 妻 づまで 浮 うき 妻 づまで いいじゃない ふたり 暮 くらせぬ 運命 さだめでも 生 いきて 生 いきて 行 ゆきましょ ねぇ 契 ちぎり 酒 ざけ 逢 a えば eba 情 nasa けが kega 深 fuka くなる kunaru 逢 a わなきゃ wanakya あなたは anataha 死 shi んだ nda 人 hito 浮 u き ki 草 gusa で de 浮 u き ki 草 gusa で de いいじゃない iijanai 花 hana の no 咲 sa かない kanai 運命 sadame でも demo 生 i きて kite 生 i きて kite 行 yu きましょ kimasyo ねぇ nee 契 chigi り ri 酒 zake 泣 na けば keba 明日 ashita が ga 欲 ho しくなる shikunaru 泣 na かなきゃ kanakya あなたは anataha 通 kayo い i 人 bito 浮 u き ki 雲 gumo で de 浮 u き ki 雲 gumo で de いいじゃない iijanai いつか itsuka 別 waka れる reru 運命 sadame でも demo 生 i きて kite 生 i きて kite 行 yu きましょ kimasyo ねぇ nee 契 chigi り ri 酒 zake 口紅 beni を wo 差 sa したら shitara ときめいて tokimeite 差 sa さなきゃ sanakya あなたは anataha 忘 wasu れ re 人 bito 浮 u き ki 妻 duma で de 浮 u き ki 妻 duma で de いいじゃない iijanai ふたり futari 暮 ku らせぬ rasenu 運命 sadame でも demo 生 i きて kite 生 i きて kite 行 yu きましょ kimasyo ねぇ nee 契 chigi り ri 酒 zake. そのネクタイ、とても素敵ですね 彼はニコリと笑い、少し照れながら… ありがとう、君もとても綺麗な女性だなぁと気になっていたよ そんな会話がきっかけで、二人は惹かれ合う。 。

Next

香西かおり 契り酒

浮き草のようにふと彼女の家に立ち寄る彼。 いろいろと人生を悟って流れに任せて生きて行く女性の姿を想い浮かべました。 男性は"浮き草"のように放浪癖のある人。 スーツを着た彼はとても凛々しく逞しく感じた。 女性ひとりでお酒を飲みながら、彼との絆を想い、浸っている姿を想像しました。

Next