ミニ トマト 鉢植え。 初心者向け!トマトの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

【ミニトマト(プチトマト)の栽培】苗・種まき・プランターでの育て方は?脇芽とは?

ミニトマトに適した環境 ミニトマトの原産地は、中南米の比較的冷涼で昼夜の温度差が大きい乾燥地域になります。 特徴:水はけのよい土を使うプランター栽培では、いっそう甘い果実が実ります。 実が赤くなって来ても、焦らず真っ赤に熟すまで待ちましょう。 天気やプランターの大きさ、日当たりなどによってそれぞれ頻度は異なるので、夏は1日2回、冬は2日に1回という風に決めてしまうのではなく、毎日ミニトマトをしっかり観察して、土を触って水は足りているかどうか判断します。 少し葉がしんなりしたタイミングで、 たっぷりと水を与えるようにしましょう。 株元をビニールで覆っている(マルチを敷いている)場合、 泥跳ねの心配はありませんが、花や実に直接水をかけてしまうのは良くないので、やはり高い位置から水をかけるのは良くないです。 本支柱の高さまで育ったら、生長点を切って摘芯を行います。

Next

初心者向け!トマトの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

害虫に食べられたり割れてしまう前に早期収穫を目指しましょう。 それに左側のミニトマトは、黄色の実をつけてくれていたのに…。 Q:初心者が簡単に栽培できるコツを教えて下さい。 害虫対策グッズ 最近では苗の植え付け時に敷いて使う害虫対策グッズも販売されています。 2回目以降の追肥 2回目以降の追肥の目安は役3週間に1度ですが、肥料過多、肥料不足のサインを見ながら、肥料過多の場合は追肥を1週間見送り様子を見ましょう。 ミニトマトは水分の影響を強く受けるため、梅雨時期などの豪雨で浸水しない程度にできる限りの高畝にすることを推奨します。

Next

【ミニトマト(プチトマト)の栽培】苗・種まき・プランターでの育て方は?脇芽とは?

そこで必要となるのが、ある程度の大きさになったら茎の頂上を切り落とす「摘心」という作業です。 できれば数珠なりになった実を房ごと一度に収穫したいところですが、一個一個熟したものから収穫したほうがいろんなリスクを回避できるでしょう。 ミニトマトは本葉が7枚付くと成長点に花芽が生じます。 A: Q:葉っぱに白いぐにゃぐにゃ、うねうねした波線が出ています。 整枝を怠ると果実のつきが悪くなったりて収穫量が落ちたり日が当たらなくなってミニトマトの味が悪くなったりします。 この脇芽をそのままにしておくと、養分が分散して、 葉が茂るばかりで花付きが実付きが悪くなることがあります。 アブラムシ あらゆる植物に寄生する害虫で、汁を吸って弱らせてしまいます。

Next

ミニトマト【鉢植え】

手に負えなくなって薬剤の散布を考える場合、ベニカベジフル乳剤、スミチオン乳剤、マラソン乳剤、ベニカ水溶液などが有効です。 トマトのコンパニオンプランツ トマトと相性のいいコンパニオンプランツ エダマメ ネギ類の野菜 パセリとセロリ キアゲハを遠ざけ、株もとの日陰でパセリがよく育つ、パセリが余分な水分を吸い取ってくれる。 連作する場合は接ぎ木苗を植えましょう。 どうしても被害がひどく、薬品を使う場合はマラソン乳剤を適量散布してください。 特に株元の葉が茂る過ぎると風通しが悪くなってミニトマトが病害になったり害虫の住処となってしまいます。 ヨトウムシの駆除方法 昼間は土中にいることが多いので駆除するのが難しく、また姿が見えないので出没していることすら気づかないことすらあるくらいです。 根をしっかり張らせることで、急激な変化に耐えられるようにします。

Next

ミニトマト(プチトマト)の育て方と栽培のコツ

ミニトマトの栽培に慣れたら大玉トマトに挑戦! ミニトマトの栽培方法・育て方のコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 注意すること 水やりで種が飛び出さないように土を上からしっかり押さえておきましょう。 疫病(えきびょう) 葉・茎・果実に暗褐色の病斑ができ、白いカビが発生します。 そのほかの細かい対策については別の記事にまとめておきますのでそちらを合わせてごらんください。 部分的にしおれて、やがて下葉から褐色に変色し株全体がしおれてしまします。

Next

ミニトマト【鉢植え】

植穴に水を入れる 苗を植え付ける前に植穴に水を入れて畝にある程度水分を浸透させておきましょう。 また、病気に弱い苗である可能性もあります。 栽培初期のアブラムシの被害が気になり、低農薬を許容する場合はオルトラン粒剤を株もとに入れてあげましょう。 5月上旬ごろに苗を購入します 種から育てるのはハードルが高いため、ある程度育ったミニトマトの苗を購入します。 萎凋病(いちょうびょう)の対策 病原菌は土中で蓄積して数年から数十年生き残ります。

Next