およげ たいやき くん 歌詞。 「およげたいやきくん」が悲しすぎる

およげ!たいやきくん 歌詞「子門真人」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

そして、「しろい たいやき」「クロワッサン」などいまどきのたいやきも登場する、成長した「たいやきくん」を描いたラブソングに生まれ変わった「およげ!たいやきくん 2015」が完成した。 そんなことから子どもの心をガッチリとつかんでしまう歌であったと言えるでしょう。 労働者としての側面を考えるならば、前者が考察として適切ではないだろうか。 逃げ出したたいやき君は初めて泳いだ海の底に感動する。 タイトルの「およげ」たいやき君。

Next

およげ!たいやきくん 歌詞 子門真人 ※ www.sctriallaw.com

釣り上げたおじさんのびっくりした様子から、自分がたいやきであることを自己再認識したのだろう。 ただ、それは故人に対して残された人が、気持ちに整理をつけるため、彼にとっては幸せな人生だった。 この作詞家がどう考えたのかわかりませんが、当時のサラリーマンのつらい心情にフィットして、爆発的人気になったのは言うまでもありません。 おそらく「たいやきくん」は本能的に、または知識として海に逃げ込める事を知っていたのだ。 劣悪な労働環境から逃れた労働者が、大した保障も受けられない。 僕を釣り上げたおじさんは、びっくりした後に僕を食べた。

Next

子門真人 およげ!たいやきくん 歌詞

労働生活の方が幸せだったのだろうか。 当時子門真人さんは仮面ライダーや円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマ主題歌を多数手がけておられます。 そしてもじゃもじや頭にひげ、丸メガネという風貌も一度見たら忘れないといったようなインパクトの強さがありました。 今でもたい焼き屋さんで流れていたりすると思わず口ずさんでしまいますよね! 最後までお読みいただきありがとうございました。 たいやきくん』の歌詞 オヨゲタイヤキクン words by タカダヒロオ music by サセジュイチ Performed by シモンマサト. 昔から国語で、その言葉の裏に隠れている意味は・・・とか言われても全く分からず、現代文の成績は常に悪かったです。 発売から40年以上が経ったこれまでに発表されたカバーやアンサーソングなどを集約したベストアルバム『およげ!たいやきくん アニバーサリーベスト』が、11月15日に発売されることが決定した。 それを私に刻み込んだのはポンキッキだった。

Next

子門真人 およげ!たいやきくん 歌詞

それは素晴らしいことなんだ。 「桃色珊瑚が手を振って」とは、まるで風俗店のキャッチのようだ。 簡単に説明するとね、下のような感じ。 たいやきくんは鉄板で焼かれる日々にうんざり。 正直者が報われず、悪がはびこる世の中を反映しておる。 ・しかし海の中で生きていくのも大変だということを痛感する。

Next

およげ!たいやきくん 歌詞「子門真人」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

それがまた泣ける。 泳げたい焼きくんって歌、知ってますか。 どんなにもがいても釣り針がノドから取れません。 と、無念の後に息絶えたのだろうか。 たい焼きは毎日毎日鉄板で焼かれて嫌になっている上に、お店のおじさんと喧嘩するところから話が始まる。 毎日会社で必死に働いているけど、嫌になって他の世界に飛び出したというサラリーマンの苦悩が歌われています。 そうであれば、こんなに悲しいことは無い。

Next

およげ!たいやきくん 子門真人 歌詞情報

社会の暗部に逃げるリスクが描写されている。 と、そう思ってつらい気持ちを紛らわせることに似ている。 「毎日毎日楽しい事ばかり 難破船が僕の住処さ」 「時々サメに虐められるけど そんときゃそうさ逃げるのさ」 よく考えてみると「たいやきくん」は住所不定なのか? というか、海社会では住所という概念があるのだろうか……。 さぞ苦しかろう。 店を飛び出し海で自由を味わうことも、会社に縛られるサラリーマンの自由への渇望を唄ってくれるし、しかし結局海では生きられなく、店に戻って食べられる、という悲しい結末も、脱サラなんかとても無理、会社の中でしか生きられない、という諦念で終わるように現実の厳しさを教えてくれ、「いや~、わかってるじゃないか」ということになる。 じゃあ生き物を殺さなきゃいいじゃん。

Next