うらら か お茶 子 エロ。 うらら

うらら迷路帖 : 一般アニメエロシーンまとめ (Anime Ecchi Fanservice Aggregator)

その昔、神が自分の花嫁を探していることを知ったうらら達が競ってお宮にお参りし、それを喜んだ神たちが花嫁選びに興じたことが由来。 ついに始まる九番占選抜本試験。 彼女もまた矢見のことを覚えていないが、初対面の千矢に懐かしさを感じていた。 迷路町は花嫁を求めており、類稀なる力を持つ矢見を花嫁として迎えようとしていた。 当初はニナや仲間たちの背中に隠れてばかりだったが、ニナや佐久の背中に守られてきた自分を変えたいと願い、千矢や仲間たちの影響を受けて徐々に精神的に自立。

Next

うらら迷路帖とは (ウララメイロチョウとは) [単語記事]

「千矢にはちょっと早いかしら?大人の恋の話…」 「あっ、子作りの話?」 「大人ッ!」 「だって、動物たちの恋の季節と言えば、発情…」 「この天然痴女!それ以上、言っちゃダメ!」 千矢の額にキスする紺。 (: )と沢(:咲々木瞳)という部下がいる。 一から十まであり、はその位と同じ数字のまでしか入ることが出来ない。 髪が伸びる、風邪を引くと枕元に佇んで見守るなど、怪談染みた思い出が度々ノノから語られる。 「何で私が、千矢と御着物取り換えっこしなきゃいけないのよ!」 「だって、皆で取り換えっこの方が、面白いでしょ」 「本当はちょっと紺も、いつもと違ってて、気持ちいいんじゃない?」 「気持ちよくない!スースーする…ありえない所がスースーする…」 「今までで一番、無理ーッ!」(ノーパン股間モジモジ) 佐久の警邏隊制服を纏ったニナ。

Next

うらら迷路帖

2018年7月29日閲覧。 水着姿の小梅・ノノ・千矢・紺。 八番占の修行として仲間たちとともに開店した なつみ屋では水晶占いを提供している。 えへへっ」 「もう!これ以上、引っ付かなくていいでしょうが!千矢の馬鹿ッ」 湯浴衣を着て行水中の千矢・小梅。 札 占の階位を示す大判紙。

Next

麗日お茶子とは (ウララカオチャコとは) [単語記事]

マツコの駆動もノノの占力による。 ちょっとした言動にもすぐ「ハレンチ」と反応してしまい、九番占試験ではニナにそれを咎められた。 もともとこのはのようなっ子 名前もだった の予定だったが、話を突き詰めていくとどうしても暗い感じになりそうだったので変更になったらしい。 賭博が得意で、出る賽の目を完全に操れるという。 人物一覧• 渦巻き状に外側から十番地から一番地と10の町に区分されている。 6巻ではくろう占いが神の力を借りて未来を見通す占の占いとは違い、神の力に頼らず占自身の占力のみで未来も過去も見通す『 千里眼』であり、千矢の疲労は通常の占いと違い、神の力を頼っていなかったためであることが語られた。 五山出身。

Next

旅持ち茶籠「うらら」: インテリア・キッチン雑貨

サービス• 千矢の目的は名前も知らない母を探し出すことで育ての親である「セツ」から千矢の母が迷路町にいると言われたと言う。 - 洋• 母譲りの負けず嫌いの一方で、幼いころからいつも一人だったため仲間と一緒に何かをすることに強い憧れをもっている。 そこへ五殿山からやってきた野生児「千矢」は道中で同じうららを志す「紺」「小梅」「ノノ」、師である「ニナ」らと出会う。 腹を抓み合う、小梅と紺。 狩猟生活をしてきた野性児であるため学校や社会などの常識が全く通じない。

Next

うらら

、 2017年1月21日閲覧。 紺いわく、迷路町のうららを牛耳る重鎮で、通称「古狸」とも。 幼少の頃から先の事を見通す千里眼を持っていたため、人との関わりを避け、故郷を捨て旅商人になっていた。 棗屋の娘。 2016年12月3日閲覧。 第10話「四人と昇格試験、時々試練」 全身タイツ姿のニナを見て、赤面する佐久。

Next

うらら

雪見 小梅(ゆきみ こうめ)• そのたまけとかの書下ろしでは、してるの横で大体ではっちゃけている。 しっかりものな性格も手伝い、九番占昇格試験では棗屋チームのリーダーを務めるなど頼れる存在。 迷路町に住まう「神」が迷路町自身であるが概念であるため姿は見えない。 前の両端が長いののような く が特徴。 「く・・・ろ・・・う・・・」 そう呟くと突然原っぱで会った謎の生物「くろう」が現れ、千矢を救った。

Next