アンドロイド すぐ熱くなる。 【熱対策】アンドロイドスマホが熱くなるときの冷却方法7つと原因

Androidスマホが全く動かない時に行う対処法

なぜスマホが熱くなるのかという原因とそれを放置していると起こる問題を解説した上で、熱くなったスマホを冷やす手順と熱くなりにくい使い方の解説をします。 スマホの充電器が熱いのは結構危険 基本的に電気が流れているんですから 熱が発生するのは当然のことです。 アップデートをする iPhoneでもAndroidスマホでも、ソフトウェアのバージョンが古いままだと充電ができない不具合になる可能性があります。 Bluetooth接続をしていない時はBluetoothをオフにする、Wi-Fiを使用していない時はWi-Fiを切ることでバッテリーの消費を抑えられます。 そんな時にオススメなのが、 スイッチ式のタコ足タップです。

Next

【注意】「スマホが熱い」は故障の原因!?発熱のリスクと正しいスマホの冷まし方

簡単なだけにうっかり強制再起動とならないように10秒以上長押しする必要がありますので その間、ずっと押しっぱなしにする必要があります。 「バッテリー切れなんて見落とすはずがない! まず、水に浸けたり、冷蔵庫で冷やす、また保冷剤などを使用すると、スマホ本体の急激な温度差で 内部結露が起きる原因となります。 スマホは電池で動きますから、その電池を外せば強制的に電源をシャットダウン出来ます。 充電ができなくなるのはどんな理由があるんでしょう? 中田「スマホに使用されているほとんどの電池はリチウムイオン電池で、熱に弱い特性を持っています。 ソニーモバイルの「Xperia Z4」は、搭載していたSnapdragon 810が発熱しやすい構造であったため、その影響から熱くなりやすいとして話題になった スマホが熱くなるとどんなリスクがあるの? では、スマートフォンが発熱すると、そもそも何が問題なのでしょうか。

Next

スマホが熱くてバッテリーがすぐ減る!その原因と対策5選!

充電器に異常がないか確認する 充電器の劣化による発熱も、十分起こりうるケースです。 最近のスマホは高価なこともあり、傷をつけたりしたくなくてケースをつけるのですが、背面フィルムを貼ったり、ガラスフィルムを貼ったりすることで多少の対策にはなります。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 設定を見直して電池の無駄を抑えるようにしましょう。 それらを利用すると簡単に変更できるので、試してみると良いです。

Next

アンドロイドスマホの固まって動かない、熱いを快適にするためにしたこと

利用機種やOSバージョン、発生条件など詳しい情報がわからないので一般的な内容になりますがよければ参考にしてみてください。 まとめ iPhoneが重いと感じたときの対処法をひと通りまとめました。 また、全ての同期が必要ない場合は、"自動同期"のチェックを外すと止まります。 バッテリーの寿命• この設定だと周辺の明るさを測ったり、必要以上に明るくなる場合があるので明るさは自分で設定しましょう。 スマホのボディそのものから放熱するしかないのです。

Next

スマホが熱くてバッテリーがすぐ減る!その原因と対策5選!

GPS GPSは、現在位置を測定するのに使用する機能です。 この場合、 必ずから拭きで作業してください。 案外これで端末の温度を下げることができたりしますよ。 各差込口に電源ON/OFFのスイッチが付いてるもので、 使用している部分のみに電気を流すことができます。 また、アプリのアップデートなどで軽くなる場合もあるので、最新バージョンが公開されたら更新してみるとよいでしょう。

Next

スマホのバッテリーの減りが早い!設定を確認しよう!

バッテリーを外した結果、データのクラッシュや各種不具合が起きる可能性は否めませんので 「何が起きても構わない、とにかく電話を急いで使えるようにしたい」 そんな時の最終手段である事は覚えておいて下さい。 異物による接触不良は出火の危険性もあるので、日常的に掃除するように心がけてください。 中田「スマホが熱くなると「表示がカクつく」「充電ができない(電池持ちが悪い)」「カメラが起動しない」、つまり「スマホが故障した」と考えられてしまう原因になってしまっているのです。 そのため「熱くらい出るのが普通」と思っていることが多く、あまり深く考えずそのまま使うケースも多く見られます。 "自動明るさ調整"のチェックを外して、明るさを変更します。 こちらは予約不要で数分で交換してもらえる場合があります。 自宅ではケーブルを使わないワイヤレス充電、外出先にはケーブル式の充電アダプターを持っていくなど、用途や状況に合わせて使い分けるといいかもしれませんね。

Next