バッハ 平均 律 クラヴィーア 曲 集。 バッハの平均律クラヴィア集のお薦めCDを教えて下さい。

この「平均律」を聴きたい3選――「平均律クラヴィーア」の奥深い魅力に迫る|音楽っていいなぁ、を毎日に。| Webマガジン「ONTOMO」

柔らかく、優しい響きで始まります。 コンチェルトのようなスケールを持った素晴らしい曲です。 出版はバッハの死後51年目にして初めて実現したが、それはバッハの息子や弟子達の情熱的な支持と努力の賜物であった。 27-1と27-2• また各部の構成を見ていくと、それぞれにおいて、古代様式で書かれた5声のフーガが一曲づつ(第4番と22番)、また第1部には3声のフーガが7つ(残り3つが4声と1つが2声)、第2部には4声が7つ(残り4つが3声)という、何やら意味のありげな数字で 構成されている。 850 作曲者 :• 練習しない生徒の言い訳のように聞こえます 笑 実際そうだったのですが 笑 しかし、宿題として出された以上、やらなければいけないじゃないですか。 【フーガ】4声。 しかし、だからと言ってプレリュードを弾かなくてもいいという理由にもなりません。

Next

J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第一巻

学習欲に燃える若い音楽生の有益な手引きとして、また既に、これらの学習を終えた人々にとっては、格別な楽しみとなるために、現アンハルト・ケーテン侯宮廷楽長兼同宮廷楽団監督ヨハン・セバスチャン・バッハがこれを起草し、完成す。 大規模な鍵盤楽器用の曲集を次々と作曲し、改訂したこの時期に、全2巻の《平均律》を仕上げてしまおう、というバッハの気迫が背後に感じられる。 第1段階は、自筆浄書譜が最初に書かれた時で、最少の修正と最終フーガの興味深い訂正を含む。 思いつきの平均律全曲アップ企画も後半戦に入りました。 バッハは忘れられた存在だった!? 実は、バッハは現在のようにみんなが知っている作曲家ではなくなっていた時期がありました。 (汗) バッハは硬くて、ミスは目立つし、弾きづらいし、凄く頭使う…と思っていたので、あまり好きではなかったので、一枚もCDを持っておりません。

Next

平均律クラヴィーア曲集全曲 フリードリヒ・グルダ(4CD) : バッハ(1685

1983年。 曲集の性格 オルガン用に作曲されたプレリュードとフーガと比較してみると、《平均律》のそれは明らかに短く、意識的に控え目な表現手段をとっている。 3声のシンフォニアは全曲収録されていますが、配列は、必ずしも難易度順とは思えない個所もあります。 amazon. 850 作曲者 :• オマケ 1 :パルティータ1番にはリパッティの死の直前の録音があります。 それを違和感なく組み合わせるのは、とても難しいことです。

Next

平均律クラヴィーア曲集

Das Wohltemperiertes Klavier 1 Preludium 8 es-moll BWV. ちなみに、第1巻第1番のハ長調は、バルトークの版では22番目になっており、ヘンレ社の分類では、プレリュードは「やさしい(等級2)」、フーガは「中くらい(等級6)」となっています。 848 作曲者 :• また、演奏技術と楽曲様式の観点からもう一度じっくり考察してみると、第2過程にみられた7曲には、グループとしてのアイデンティティーが確かに認められる。 フーガは主題の中にオクターブ中の全12音が入っており、音楽の宇宙とバッハの精神性を感じさせます。 もろい方の青い表紙の「ヘンレ版」は日本語ライセンス版がない上、上記2種とは明らかに異なっている部分があり、違う資料に基づいて作成されたものと見ることがで... 「クラヴィーア」って何?• 最近ピアノの先生を変えました。 脚注 [ ]• また、この初期稿に見られる改訂全体を眺めてみると、フーガがそれほど手をつけられていないのに対し、プレリュードが膨大に拡張されているのが分かる。

Next

【平均律1巻】ピアニストが全24曲演奏してみた!分析・演奏ポイントも解説【フーガ】

) 🔸平均律第1巻 No. 857 作曲者 :• 平均律が主流になっていったのは、転調や移調ができるという点が大きいと思います。 Das Wohltemperiertes Klavier 1 Fuge 9 E-dur BWV. [質問の背景]私のバッハ歴は初心者に毛が生えた程度です。 なぜバッハだけこのような曲集があるの? 時代が時代だけに、バッハだけだったのかと思いきや・・・ バッハ以前にフィッシャーやカベソンという作曲家がオルガンのために24の練習曲を作曲しています。 第2及び第3過程は、1720年にバッハが当時9歳の長男のために書いた《ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハのためのクラヴィーア小曲集》に垣間見ることができる。 この曲集の成立過程は、3つの過程に分類し再現することができる。

Next

バッハの平均律クラヴィーア曲集

チェロには全く疎いのですが、無伴奏チェロ組曲は私が年間を通してもっともよく聞く曲です。 プレリュードとフーガの個別の難易度が分かるのはヘンレ社のみ。 ドイツ・ピアノ界最大の巨匠のひとり、ヴィルヘルム・ケンプは、バックハウスと共に肥大なるドイツ音楽の求道者でしたが、そのスタイルは対照的で厳しいまでに崇高な精神性を追求したバックハウスに対し、ケンプは人間味溢れる温厚な味わいをその信条としました。 平均律クラヴィーア曲集第1巻 第1番 ハ長調 BWV846 【 第24日】 第1巻 第1番 ハ長調 BWV846 美しい有名な前奏曲に続き、明るく清廉に歌われる4声フーガ。 846 作曲者 :• ミーントーンによって、純正律で転調が難しい欠点カバーする事が出来ます。

Next

この「平均律」を聴きたい3選――「平均律クラヴィーア」の奥深い魅力に迫る|音楽っていいなぁ、を毎日に。| Webマガジン「ONTOMO」

最後に、正統派演奏もご紹介しておきます。 (汗) バッハは硬くて、ミスは目立つし、弾き... そういう趣向で記譜されているため、この曲集に見出されるテンポ表示は、常識では正確な解釈のし難い、例外的な箇所にしか記入されなかった。 などは、若い頃と晩年では、かなり曲の雰囲気が異なり、それぞれの魅力の違いがむしろ楽しいのですが、バッハはその違いをほとんど感じさせないのです。 フィッシャーのアイディア(後述を参照)に遡ることができる。 BWV 878 前奏曲 - 4声のフーガ 5音からなるフーガ主題は、ヨハン・カスパール・フェルディナント・フィッシャー(Johann Caspar Ferdinand Fischer, 1656-1746)の「アリアドネ・ムジカ(Ariadne musica, 1702)」のホ長調フーガからの引用。

Next

J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第一巻

そこで皆さんのオススメ盤を紹介していただきたいです。 しばらくお待ちください 第10番 ホ短調 BWV855 フーガの練習演奏動画 【 第7日】 第1巻 第10番 ホ短調 BWV855 全2巻中、唯一の2声フーガ。 曲集の構造、形式とスタイル 当時の教会が左右対称に建てられているように、十字架に象徴されるシンメトリーという概念は、曲集全体の構造に留まらず、一部の曲の構成要素や形式にまでも浸透し、支配している。 デーンハートの研究により、それは4つの段階に分類できる。 プレリュードとフーガを組み合わせて弾く限り、全曲を番号別に難易度の分類をするのは簡単ではありません。

Next