マイ ブルーベリー ナイツ 歌詞。 黒猫のうたた寝:マイ・ブルーベリー・ナイツ☆独り言

黒猫のうたた寝:マイ・ブルーベリー・ナイツ☆独り言

愛してほしい。 まず一つ目は「とても憂鬱な夜が続く日々」という意味。 合鍵は返してね 愛がないならもう会えないよ 解釈 もう私の部屋では会わないよ。 ズルくて、いつもどこか寂しそうな貴方を嫌いになり切れなくて、 そんな一途な自分に酔っていた。 大好きな人を失って、更に投げやりになった暗く悲しい感情が見てとれます。

Next

【マカロニえんぴつ/ブルーベリー・ナイツ】の歌詞の意味を徹底解釈

実は元ネタであるこの映画は失恋した女性が新しい恋を見つけるちうストーリー。 神様=他人と言っているのは 自分の祈りが全て叶わないから。 。 他に自分のことを愛してくれる運命の相手を望んでいます。 もう元には戻れないと分かっているのに、ココロの奥底では未だにその存在を消すことができずにいる。 『マイ・ブルーベリー・ナイト』には複数の意味が秘められているのです。

Next

【マカロニえんぴつ/ブルーベリー・ナイツ】の歌詞の意味を徹底解釈

しかし、最後の最後に込められた「マイ・ブルーベリー・ナイツ」の意味が少しだけ変わっているように解釈できます。 「悲しいこと」 とはっきりあるように 主人公からは 「夜の憂鬱」 が伺えます。 私のこともう好きじゃないなら、今のままではいられないからね。 歌: 作詞:はっとり 作曲:はっとり 傷つかないための気付かないふりばかりだ 信じることは悲しいこと 夜の幻 さよなら25時 忘れちゃうのに求め合うのは身体が空っぽだから 姑息で孤独なあなたが嫌いで、でも好きで そんな自分も好きだった 合鍵は返してね 愛がないならもう会えないよ 冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに 愛して まだ相手してほしくて なんてもう、馬鹿だよな ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど 運命の誰か、あたしを掬って食べて マイ・ブルーベリー・ナイツ 恋の幻 さよなら25時 信じることは悲しいこと 冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに 残って離れてくれない匂いが 愛おしくて、許せないの ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど 誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて マイ・ブルーベリー・ナイツ おとぎ話にすらならないね 錆びた踊り場で回る 神様たちは 他人のままだ 覚めないで 夢なら 忘れたいの 本当なら 行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いかな 冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに 愛して まだ相手してほしくて なんてもう、馬鹿だよな ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど 運命の誰か、あたしを掬って食べて 誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて マイ・ブルーベリー・ナイツ. 今はまだ、憂鬱な夜が続くけれど、 新しい恋の予感がしているの。 そしてその甘酸っぱさをふわりとつつむカスタードクリーム よだれが出そう(ぉぃ) 猫的には、ナタリー・ポートマンのベガス編より レイチェル・ワイズのメンフィス編のほうが、余韻的な意味でも 好きでした。

Next

恋の終わりを描いたマカロニえんぴつ「ブルーベリー・ナイツ」

つまり、今までは「手遅れだ」と自分に言い聞かせてきた主人公が、 「本当にもう遅いのか」「まだ間に合うんじゃないか」という希望を唯一見出している部分なのです。 この恋を忘れられない。 それとも、ブルーベリーのように様々な色が混ざりあった、交錯する気持ちが葛藤する夜だろうか。 そして曲名にもなっていてサビで毎回登場する「マイ・ブルーベリーナイツ」というフレーズはダブルミーニングとなっています。 他の人のことを好きにならないでほしい。

Next

【マカロニえんぴつ/ブルーベリー・ナイツ】歌詞の意味を徹底解釈!タイトルは心情を比喩している!?

素直にそれが出来るよう、相手を許すこともできない。 本当ならこんな恋は忘れたいけど、 まだ諦められない。 夜だけの幸せな思い出には別れを告げよう。 というのも、前半の説明で、このフレーズはダブルミーニングであると述べたことを覚えていますか? 一つは「とても憂鬱な夜」という意味であると既に述べました。 でもその願いはもう叶うことが無いと分かっている。

Next

E: マイ・ブルーベリー・ナイツ « ユジク阿佐ヶ谷

別れないでほしい。 辛い恋を経験したら、どうぞこの楽曲と共にどっぷり落ち込むと良い。 もうこんな冷め切った関係は終わりにしなければならないと思いつつも、彼氏のことがどうしても諦められない。 感想 いかかでしょうか。 主人公は、彼氏との関係を終える決意をしたようです。 実はこの曲名の意味はたった一つではありません。 やがてマスターのジェレミーは彼女が来るのがいつのまにか 楽しみになっていることに気づく。

Next