まめ きち まめ こ ブログ。 野外保育「まめのめ」

野外保育「まめのめ」

ありがとう、まめのめ。 まめのめとの出会いは、 ここでのたくさんのママやパパやスタッフさんとの出会いは、本当に… ありのままのわたしでOK、 がんばるわたしも、がんばらないわたしも、 すきなわたしも、大っ嫌いなわたしも、 全部合わせて、このわたしで生きていく、 そう、「THEちーちゃん」をつくってくれた。 戦いの勢い余って今度はDくんが泣く。 さぁ、旅立ちです。 遠くの山と、青空と、こどもたちが一つに見える世界。

Next

ABOUT

後ろからも前からもとびついてくるこどもたち、 足の下をトンネルしたり、足を引っ張り上げたり、引っ張られたり、 こりゃ全身筋肉痛間違いなしだ。 わたしがいても、だーれも気にしないで遊んでる。 空を見上げて、太陽さんに話しかけて、 体を温める。 そんな想いが、子育て11年分の想いが走馬灯のように蘇ってきたのだ。 ちょっと距離をとって空気になってよーっと。

Next

野外保育「まめのめ」

昼過ぎより雨! 「あー、ハサミムシだったねー」。 さて、2ヶ月くらい前から近所で見かけていた黒猫ちゃん先日、我が家の前を横切っていくときに足を引きずっていたような。 こどもたちの世界で、穴を掘り、実を集め、観察。 まめのめに向かい、門を開ける。 たのしかった〜。

Next

まめちん 南国移住日記

末っ子卒業の最後の1年、年長さん最後の誕生日会の日、思い切ってママの体験見学を申し出てみた。 ちなみに、私も研いでみるー」と 独自発想のT子ちゃん。 竹林の端、斜面に伸びた背の高い竹に体重をかけ ゆーらゆら揺らすSくんとKくんが 折れた勢いで斜面を転がり降りる。 そして、母を超えて、「わたし」をみつけたじかん。 空気が流れ、水が流れ、こどもたちが流れているリアルな世界。 卒業まで9ヶ月。 こどもたち重なるように、覗き込む。

Next

ABOUT

なんでこんな日に限って梅雨入りするのよ。 みんなで並んで、「いいながめー」とつぶやきながら、ふだん生活している街を眺める。 。 。 気持ちよすぎて、眠くなってきたよ。

Next

野外保育「まめのめ」

そっと隣にいる人がいる。 わたしが「母」になった場所。 ながいものにはまかれる。 自分たちで遊び、トラブルも自分たちで解決していく。 みんなの少し後を 水筒の紐を握りしめてゆっくり歩いていくHくん。

Next