片付け トントン ブログ。 「これでいい」は意外に深くて、なかなかいいのだ|片付けトントン|note

ときどき営業日誌|片付けの仕事と心の触れ合い|片付けトントン

妻とライブ会場で待ち合わせた時、なかなか来ないのでソワソワしていたら、「迷った」と電話がかかってきました。 しかし、やればやるほど形になってくる。 【取っておく物】 備え付けの物(冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、洗濯機、棚、机、椅子) 福祉関係の書類が入った赤いカバン、延長コード、衣類 作業は順調に進み、午前中でゴミの分別が終わりました。 なぜブログの仕事が回って来たのか? 実は、作業中に走って、転んで、骨折。 話を元に戻しますが、物を買う時は、 「のだ」を付け加えた、 より明晰で自信に満ちた「これでいいのだ」がオススメのような気がしてきたのだ。 どうしようもなかったら、ご依頼くださいという感じです。 せっかく書くのだから、誰かに、それもなるべくたくさんの人に読んでもらえないと辛いし、続けられません。

Next

ときどき営業日誌|片付けの仕事と心の触れ合い|片付けトントン

しかし、書くこと自体も楽しまなければ、なかなか続けられるものではありません。 今にして思えば、ビジョンもなく、ただの思いつきだけで始めたので、失敗して当然です。 ブログは、集客やブランディング、ファンの獲得という、とても重要な意味を持つものなのですが、すぐにお客さまのところに走っていかなければいけない、というような緊急性があるわけではありません。 (3)遅いより速いほうがいい。 メンバーがインターネットに接続すると、名前の横にある花のマークが赤から緑に変わり、オンラインかオフラインかが一目でわかるといった優れものです。 5インチのフロッピーディスク。

Next

片付けトントン

はた目から見れば、何をやっているのかわからないけど、机にかじりついているヤバいヤツになりかねません。 ブログのコンセプトは、「ためになっておもしろい!」。 何卒、ご容赦ください。 つまり「が」ではなく「で」なのです。 ブログを読んで喜んでもらうこと、少しでも役に立ったと思ってもらうこと。 左から8インチ、5インチ、3. 無印良品は個性や流行を商品にはせず、商標の人気を価格に反映させません。 ちなみに、私の妻は「どっちが東でどっちが西かわからないから、天才バカボンの歌を思い出して 、東はその反対なのだと考える」と言っていました。

Next

ブログ運営はアリ地獄!果たして脱出できるのか?|片付けトントン|note

ブログを書くことになった経緯 な、な、なんと!転職して1ヶ月目の私にブログ作成の仕事が回ってきました。 今回の一番の強敵には、完全防備の私(岡本)が立ち向かいます。 毎回とは言いませんが、 買い物をする時には、どこかに「これでいい」という妥協が入り込むことになるはずです。 この中で特に大切なのは・・・ (1)ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる (10)「すばらしい」では足りない。 次にご紹介する動画は、2017年5月に公開以来、215万回もご視聴いただいています(2020年5月現在)。 その一企業の作った「検索アルゴリズム」だけに固執してしまうのは、どうも違うぞ!というのが、今の私の結論です(負け惜しみを含む)。

Next

「これでいい」は意外に深くて、なかなかいいのだ|片付けトントン|note

まあ、 冗談が大好きだから、そうなってしまったんですけど。 4、「推し」コメントが背中を押してくれた YouTubeのチャンネル登録者が増えてくるにつれ、 「〇〇さん推し」というコメントもちょくちょく見かけるようになりました。 集客は、チラシなどの紙モノがメイン。 片付けトントン 2019. そのようにして、プラスアルファのサービスは普通のことになっていきます。 (1)Googleのロボットが世界中のWEBサイトを巡回し、サイトの情報を集める。 お母さんプレイとは? スタッフの岡本が、とんでもない名言を吐きました。 4、ブログへの流入ソースを増やす Googleの検索アルゴリズムのアップデートで検索順位が落ちると、ブロガーからは 「Google検索はあきらめて、Twitterを強化しよう」などという声が大きくなります。

Next

片付けトントン

正直に言うと、本業の動画をアップすることには、不安もありました。 欠点といえば、気に入らないことがあった時、私(部長)に向かってボールペンを投げることぐらいだと思います。 オタク度を深めた大学時代 その後、大学の情報系学科に進学し、さらにどっぷりとパソコンに明け暮れる生活が始まりました。 妥協は、やはりネガティブなイメージ。 特に用事がなくても、時間さえあれば 大須のパーツショップをフラフラ。

Next

ブログ運営はアリ地獄!果たして脱出できるのか?|片付けトントン|note

ただ、その時の経験が自分にとってはものすごく大きくて、その頃からちょっと性格が変わったかな。 トン十郎が家来にあげるのは、キビ団子ではなく「えびふりゃあ」。 4.「岡本さんの天然さがたまりません!」 私(部長)も、計算じゃないかと思うことがあります。 ・どうしてもやる気が起きなくて片付け出来ず悩んでいます。 片付けトントンのブログは、片付けの様子以外にも、「ためになって面白い」をコンセプトに、ゆる~い気持ちで読めるものを書いています。

Next