クラウドファンディング 会計処理。 クラウドファンディングでの出資金・寄附金は経費になるのか?【解説付き】

税理士ドットコム

日本のプラットフォームも基本的には同じ考え方だと思われます。 5、まとめ 以上、起案者、サポーターとも個人事業主・法人の場合を前提(B to B)として説明させて頂きました。 プラットフォームから支援金が振り込まれたとき 借方勘定科目:普通預金 8,000,000円 手数料 2,000,000円 貸方勘定科目:前受金 10,000,000円 リターンが完了したとき 借方勘定科目:前受金 10,000,000円 貸方勘定科目:売上高 9,259,260円 消費税 740,740円 プラットフォームから振り込まれた時点では、リターンが完了していないので商品代金が未払いの状態なので前受金として処理します。 購入型の会計処理 購入型は、ある商品を作るために資金を調達し、出資者はリターンとして完成した商品を受取るという仕組みになっているので、 会計上は通常の売買と同じような扱いになります。 いったい何のことなんでしょう? = 資金の出し手にリターンを提供した時点で、売上から開発や製作のためにかかった費用を差し引いて 残った利益(課税所得) に法人税(会社などの法人の場合) または所得税(個人の場合) がかかる。

Next

購入型クラウドファンディングの会計・税務上の取扱いについての検討

」は、バングラデシュ北部の貧困農村部に専門学校を設立したいという思いからを行っています。 最近よく「クラウドファンディング」って言葉・・聞きませんか? (2)寄付型 「 寄付型」とは、プロジェクト実施者が、出資者から寄付金を受けてプロジェクトを行うものの、 プロジェクトの成功・失敗にかかわらず、金銭のバックといったリターンがない仕組みを意味します。 銀行などからの借入とは違い、 基本的に、集めた資金を返済する必要がないため、やる気はあるのだけれど、お金がない企業・個人業主には有効な資金調達の手法といえます。 消費税の取り扱い クラウドファンディングにも消費税がかかるの?と思うかもしれませんが、場合によっては消費税が掛かってしまいます。 上手くいけば、多くの資金を集めることができますが、クラウドファンディングのように寄付で調達した資金にも税金がかかることがあります。

Next

クラウドファンディングの会計処理

しかも、 無登録で「第2種金融商品取引業」を行った場合、 最大5年の懲役もしくは 最大500万円の罰金のいずれか、またはその両方が刑罰が科されるおそれがあります。 法人支援者は寄付金として一定の範囲内は経費として処理することができます。 小口資金を集めやすい• こちらも仕訳を見てみましょう。 投資タイプはお金でのリターンが確約されていますが、非投資タイプは、お金でのリターンは保証されておらず、商品やサービスなどによるリターンが一般的です(参考:)。 被災した体やの支援をしているなど公益的な活動を行う 団体に対する資金提供であり、社会貢献の高いプロジェクトで利用されるCFです。 プロジェクトの目的に合わせて、どちらの方法でを行うのか決めると良いでしょう。

Next

クラウドファンディングの会計処理

購入型の会計処理 購入型クラウドファンディングを 個人で行う場合は、 通常の商品を買うように 会計処理も申告も必要ありません。 クラウドファンディングを利用する前に、どういった場合に税金がかかるのか。 。 うまく情報を伝えることが出来ればより多くのファンがお客様としてサポートしてくれます。 投資型の会計処理 投資型については、金融商品取引法の規制対象となっており、投資型の種類によっても扱いが変わります。 既に商品は開発済みで、 商品のPRを目的としているので、例え目標金額に達しない場合でもプロジェクトを実施する事が可能です。

Next

購入型クラウドファンディングの会計・税務上の取扱いについての検討

法人が法人から 法人が寄付を受けた場合、贈与とみなされ受贈益が増えるため、法人税が発生します。 実は・・の3によって「税務的な取り扱い」が異なりので、「税務上の影響を」したうえで、種類をするがあり。 「非投資型」は主に2つ 非投資型は、「購入型と寄付型」の2つに分かれます。 もっとも、対処法は、サイトによって色々ありますので、詳細な利用規約の作り方については、「」の中にある「ECサイト・アプリ利用規約の書き方【ひな形ダウンロード付】」の項目をご覧ください。 冒頭で説明したとおり、「寄付型」といっても、実は、何のリターンもないわけではなく、実際には、 感謝状や氏名の掲載などの何らかのリターン(=「返礼品」)が行われる例が多いです。

Next

クラウドファンディングの会計処理

3回の面談とワーキングを通して、起業家が下記の3点を明確にすることが可能になります。 個人出資者は個人事業者であっても経費としては認められません。 プロジェクトオーナーが法人の場合 プロジェクトオーナーが法人の場合は事業所得として法人税の対象となりますが、支援者は個人と法人で違いがあります。 瑕疵担保責任• ファンド型 : ファンド持分を購入し、配当を得る。 支援者が個人の場合 プロジェクトオーナーにとって寄附金は受増益として利益になるため、法人税の対象となります。 支払い側は、このインボイスに記載されてある額しか「仕入税額控除」(支払済の消費税として、確定申告の際に控除できる額)に算入できなくなってしまいます。

Next