転生 したら 悠々 自適 の 皇 妃 ライフ 小説 家 に な ろう。 レビューした小説一覧|「小説家になろう」レビューブログ

ファンタジー 恋愛小説一覧(5ページ目)

やる気に繋がるので、どうぞお願いします。 主人公、ライオスは幼いころから魔物はどんな味なのだろうと興味を持っていた魔物マニア。 しかし、その従魔を家族扱いしてしまったために、従魔師の職業を得た後もまったく成長できなかった。 同時に理解してしまった己の能力と状況、そして神様から指名された審判という役割。 これらの更に上位から来た彼は、創造の根源に近い真の神。 作者:• 数時間一緒にいただけで、リリーはビエントの事を好きになった。

Next

レビューした小説一覧|「小説家になろう」レビューブログ

愛する夫に疎まれ、精神がすり減って行く中、王女はとある事件がきっかけで命を落としてしまう。 和真に拾われて一緒に暮らす亜樹は、溺愛されて誰よりも優しく扱われていた。 1日1話投稿、初回は6話一挙投稿です。 死を覚悟した彼が目覚めると、そこはヤンキー時代を過ごした中学2年生時代。 コミカライズ版一巻発売中。

Next

異世界 転生 チート 小説家になろう 作者検索

領域、界域、次元、多次元、異次元。 アレクの思い描いていた、理想のニートライフが崩壊の危機に陥る!! 小さな界域での出来事。 楽しんでいただけますように。 個性的な鬼殺隊と鬼が入り混じったバトルシーンは迫力満点です。 領域の神々等、恐れるに足りない。

Next

異世界 転生 チート 小説家になろう 作者検索

次々に現れる強大な敵に打ち勝ち、 困難を乗り越えながら故国の再建を図るストーリーに興奮が止まりません。 R15 残酷な描写あり• これは最弱と言われ続けた少年の成り上がり冒険譚である。 「私たちの世界を救ってください!」 「勘弁してください!」 そして手にしたのはありとあらゆるものを生み出す万能の力。 しばらくの間、投稿のペースが落ちます。 だが文官として平民職人たちと接していた彼は、その知識の中に真実が含まれることに気が付き、独自に研究を始めていた。 絶対不可能かと思われたその難題。

Next

悪役令嬢 小説家になろう 作者検索

だが彼には復讐など興味がない。 苦手な方はご注意ください。 神社へ参拝しに行ったところまでは覚えているが、心筋梗塞か階段から落ちたのか、気がつくと小さな村の少女カミーユとして前世を思い出したのは十七歳の時。 さらに彼を慕うカルロスという男がリアムに同行することになる。 しかも、天然ビッチなイレーヌが戯れやその場しのぎで披露した性技が、むしろ男たちを虜にしてしまう。 成長譚 脇役 小説の世界へ転生 騎士• だが彼にとってはそんな事大した問題ではない。 癇癪持ちな公爵令嬢・ヴィヴィアンは、16歳の誕生日に突如前世の記憶が甦る。

Next

ファンタジー 恋愛小説一覧(5ページ目)

七つのダンジョンを攻略すれば、どんな願いでもひとつだけ叶う不思議な島。 状況 連載中 コミックス 既刊16巻 出版社 講談社 掲載誌 good! そのいざなぎ流の陰陽師が都内で活動していると噂が立った。 魔法はありますが、この子たちにチート機能は必要ないので、多くても1つか2つの予定です。 異世界[恋愛] 連載:全20部分• 興味が湧いたら見てみてください!. おびただしい数えきれないほどの死体、血で真っ赤に染まった地面。 毎日投稿すると、あらすじに書く勇気。

Next

皇后と皇妃の呼び名の違いは何ですか

彼が求めるものはただ一つ。 臨死体験をしたせいで、「幽霊が見える、会話ができる」体質に。 マナは魔法が使えるらしく、穴から空へ落ち、ついでに地面へ落ちてる最中に空中でストップ。 あ、でも、お前ら魔人だから、練習とかしても意味ないぞ』 魔人になった三人の身体能力は、絶望と希望を吸収することでしか上昇しない。 R15 残酷な描写あり• つまり、王女に好かれた時点で破滅へまっしぐらなのだ。 前編からではなく後半からざまぁは始まる予定です。 書きたいシーンを終えましたので、感想欄を開けさせていただきます。

Next

晴海のブックマーク一覧

前世との違いに四苦八苦しながらも魔物のいない平和な世界で幸せを捜したはずが、そこは前世の世界よりも情報が溢れ、魔物がいる世界よりも恐ろしい言葉の刃の数々にすっかり人の信じ方が分からなくなってしまった人生二回目もまた、あっけなく幕が下りる。 中学時代と26歳時代を行き来し、状況を変えていくシナリオが秀逸。 「ヴィオラ王女だ。 不定期更新です。 お金のない翔太は違法に売買されていた奴隷や敗戦国の王女、負けヒロインの悪役令嬢を拉致、略取、誘拐してくることにしたのだが これが間違いだった。 なんでだよ。 エッチの時の辛い意地悪や道具だって、差し出される腕や温もりの為には我慢できた。

Next